メンズリゼで脱毛後に毛嚢炎が起きたらどう対処してくれる?

メンズリゼ ゴリラクリニック

メンズ永久脱毛はレーザーの出力パワーも強く毛嚢炎や赤みが発生するリスクはあります。毛嚢炎(もうのうえん)ができることも、ある意味レーザーの強さ(効果)の証明でもあります。

レーザーを当てる場所や術後のケアの仕方によっても毛嚢炎の発生する頻度は変わってきます。エステサロンとか異なりメンズリゼなどの医療機関であれば、すべて薬の処方なども行ってくれるのでとても頼もしいです。

(わざわざ他の医療機関を受診するのは結構ストレスになるんですよね)

メンズ脱毛で毛嚢炎が出やすい部位とは?

メンズリゼ毛嚢炎 口コミ

ヒゲやワキ毛、ビキニライン、太ももなどの体毛が特に太い部位にできやすく、施術してから数日後に発生します。たとえばヒゲを直接毛抜きで抜くと、毛穴に雑菌が入ってしまい大きな白ニキビが出来ることもありますが、それも毛嚢炎の一種です。

これって毛嚢炎??

って少しでも不安であればクリニックへ問い合わせてみましょう。優先的に診察の予約を取って診てくれます。先生の診察を受けて塗り薬か飲み薬を処方してくれます。

毛嚢炎ができたことをメンズリゼに電話し予約をとって、医師に診てもらうと、やはり毛嚢炎でした。 飲み薬と塗り薬をもらい、大体1週間で完治しました。

※毛嚢炎に関するすべての費用は無料です。

先生からは毛嚢炎(ニキビ)ができているときは照射ができなくなるので、脱毛の予約をとる時は毛嚢炎がおさまってからにするよう指示されました。

毛嚢炎(ニキビ)やほくろにはレーザー照射ができないので、肌のコンディションはしっかり良い状態で脱毛に臨みたいところです。メンズリゼ 保証※メンズリゼ公式サイトより

このように毛嚢炎、打ち漏れ、増毛・硬毛化、やけど等についてのアフターケアやフォローは万全の体制になっています。すべてのトラブルに対処することが明記されているので安心感あります。

脱毛後はしっかり保湿することで経過良好を目指せる

メンズリゼ脱毛後 経過
肌が乾燥状態ですと、肌トラブルを起こしやすくなりますので、リスクを軽らすためにも継続して肌ケアにご協力くださいますと幸いです。

術後はとくに保湿をしっかり行うことで毛嚢炎も含め、トラブルを軽減できます。無料カウンセリング、初回施術後に保湿方法についてはしっかり指示があるので安心して下さい。

このままレーザー脱毛が効果的に実施できるように、日々の保湿を行いながら、日焼けを避けながら生活していこうと考えています。

脱毛すると肌はダメージを受けている状態になるので、特に日焼けをしやすいですし、シミや色素沈着を起こしてしまうリスクも高まります。これはメンズ脱毛だけではなく、女性が受ける脱毛でも同じことがいえます。

どうしても6~8月にかけて露出が高くなるシーズンに永久脱毛を考え始める人も多くなりますが同時に紫外線も強い時期でもあるので、施術後のケアは注意しなければいけません。

髭や腕や脚で脱毛する間隔は違うのか

メンズリゼ ゴリラクリニック 脱毛

脱毛するときは成長期の毛にレーザーを当てなければ大きな脱毛効果は期待できません。次回の施術を3日後とか1週間後に設定することは出来ないんです。ある程度毛が生えそろうのを待つ必要があります。

髭(ヒゲ)が生えてくる周期とすね毛や腕毛が生えてくるスピードは少し異なります。髭脱毛する場合は、8週間~12週間(2ヶ月ぐらい)を目安に、体の脱毛では10週間~12週間を目安に受けるのがスタンダードです。

脱毛を繰り返すと毛が生えてくるスピードもどんどん遅くなっていくので、脱毛するタイミングも変化します。施術してくれたスタッフが毛の状態を見て、毛周期を予測しながら予約をとることになります。

次の脱毛までにしっかり保湿をしておくこと

メンズリゼ 口コミ

メンズ脱毛はある程度の時間がかかります。中には4~5年かけて通っている人もいます。最短だ6ヶ月~1年ぐらいで終了する人もいます。脱毛のを受ける場合は毛が太くて濃いところは毛嚢炎(ニキビ)や赤み等のリスクがあるので、大事な予定とかは入れない方がいいですね。

男性は普段あんまりスキンケアに興味がない人も多いですし、日焼けや保湿に気を遣うことも最初のうちはちょっと面倒に思うかもしれません。ただ、施術が終わってしまえばその後はヒゲの自己処理やムダ毛から解放されるので楽ができますので少しの辛抱です( `ー´)ノ

メンズリゼでは脱毛コースは基本5回で1セットになっています。5回のコースが終了する直前の体験談・口コミはコチラにまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です