メンズ永久脱毛の痛みは回数を重ねると減るって本当?真実は…?

髭脱毛 痛い

今回は永久脱毛をするときに一番気になる痛みについて紹介します。メンズ永久脱毛を始めると…「施術の回数を重ねると痛みが軽減する」という意見と「むしろ痛みを強く感じる」という口コミがありますがどちらが本当なのでしょうか?

実際にはどちらも正解ですし、いろいろな条件で痛みの現れ方も変わってきます。

メンズ永久脱毛って毎回ピリピリ痛いの?

髭脱毛 痛い

脱毛を受けるときに毎回痛いのも大変だし実際はどうなんだろう^^;できることなら事前に心の準備をしておきたいですよね。では、どういう場合に強く痛みを感じやすいのか?複合的なケースもありますが、こちらでできる限り案内しておきます。

照射パワーを上げると痛みも強くなる

5回目になる今回はレーザーの出力をかなり高くしていただいた事もあって、施術中はピリピリした痛みのような感覚がありました。最近、保湿をさぼっていたせいかもしれませんが、施術がテンポよく進むので耐えられない痛みではありませんでした。
照射の回数を重ねていくと毛が薄くなっていくため、しっかりと脱毛効果を出すためにレーザーの出力を上げさせていただく場合があります。 そのため、回数を重ねると脱毛の痛みが強くなったと感じる方も中にはいらっしゃいます。 痛みを強く感じるようでしたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。

毛量が減ってくるとレーザーが反応する黒い部分(メラニン)も少なくなるので痛みが減りますが、そのかわりレーザーのパワー(ジュール)を上げることで痛みも出やすくなるケースがあります。※出力の設定は毎回、担当する看護師さんが肌の状態を見て判断します。

どちらかというと回数を重ねると痛みに慣れてくるケースが多いようですが、感覚は人それぞれなのでどちらの場合もあります。

髭(ヒゲ)やVIOは痛い

毛が濃く生えている箇所は痛みが強く出ます。髭の中でもとくに鼻下とか痛いですよ。

今回は髭が少し薄くなったことやシェービング回数が減ったことを伝えると1段階強さを上げて施術することに。 出力が上がっても髭が薄くなったせいか、痛みは1回目と2回目とほとんど変わりませんでした。ただ鼻下はかなり痛かったです。
5回目でも、やっぱりヒゲは痛いです。骨に響くような痛さですが、頬はムダ毛が無くなってきていたので、痛み軽くなってました。鼻下や顎の痛みはありますが、初回のときみたいに、レーザーをあてる度に手を握りしめて疲れることはなくなりました。施術に慣れたわけではなく(照射出力は上がってるし)、ムダ毛が減って薄くなったということだと思います。

VIO(デリケートゾーン)の毛もかなり濃くしっかりした毛なので強い痛みが出ます。

Vライン、Oラインの照射は恥ずかしさに加えて痛みが以前より強く出ました。今回も施術途中で看護師さんが身近な話をしてリラックスさせてくれました。
今回は初めて塗り麻酔をしませんでしたが、やはり付け根部分とOは凄く痛くて時々、ストップして頂きました。

VIOはエステ脱毛でも我慢できない人がいるほどなので、照射パワーが強いレーザー脱毛では麻酔はしっかり使った方が無難です。

脱毛する部位はもちろん、その日の体調だったり、肌の乾燥ぐあいでも痛みの現れ方はけっこう変わってきます。また、メンズリゼの体験談を見ていると痛みにかなり強い人もたまにいるのが分かります。

脱毛器と肌の相性もある

これは実際にメンズリゼで働いているスタッフに聞いた話ですが、脱毛器は3種類(メディオスター、ジェントルYAG、ライトシェアデュエット)あるが痛みの現れ方はそれぞれ違うようです。当日の肌質などを見ながら照射するスタッフ(基本的に看護師)が判断することになります。

※機械の指定が原則できない理由の1つでもあるらしい。

「メディオスターNextProであれば、痛みはかなり軽くなる」と考えている人は多いですが、実際にはメディオスターでも普通に痛みは感じます。ライトシェアデュエットなどと脱毛理論が違うので痛みの「質」が異なり、熱さを感じる人が多いです。

機械選びはできれば熟練の看護師さんにお任せした方が無難です。何十人、何百回と脱毛を行ってきているので経験値がありますからね^^

痛みは看護師のテクニックで対応

最後の5回目で毛量も少なくなっているので痛みもかなり楽になりました。今回は施術者もVIO脱毛済みとのことで、痛みのポイントを良く知っていて照射ペースのコントロールが抜群で、とても楽の脱毛できました。

毛が濃い部位は痛みも感じやすいので、注意しながら照射してくれます。

メンズリゼのスタッフはすでに脱毛を経験している人もいます。施術中の声がけは徹底しているので、常に痛いときは主張できる雰囲気を作ってくれます。脱毛は施術者の技術力がかなり術後の経過に影響します。どれだけ丁寧に対応してくれるかが本当に重要なんです。

痛みが強くてもどんどんレーザー照射を続けてしまうクリニックもあるんですが、メンズリゼでは患者さんに対する声掛けを頻繁におこなってくれるので安心できます。

医療だからできる麻酔

メンズリゼでのヒゲ脱毛はなかなかの痛みでしたが、時間はそんなに長くないので我慢しきれなくはありません。 次回も麻酔なしで挑む予定です。

※麻酔は使用しないで、我慢して脱毛を受ける人も中にはいますが、最初のうちはつけた方が安心です。痛みが気になる場合は、笑気麻酔やクリーム麻酔、もしくはレーザーの照射の度数を下げてもらうかで対応してもらいましょう。

エステサロンでの脱毛は麻酔は使えないので、医療ならではの安心感があります。

保湿ケアで痛みも軽くできる

肌がしっかり保湿ケアされていれば火傷のリスクも痛みも抑えられます。

日焼けなどの肌のダメージを少なくし、乾燥肌の状態を避けるためにしっかり保湿を心がけると痛みも抑えられます。また、ジュールを強くすると火傷のリスクも上がります。慎重にレーザーをあてるのでリスクはゼロに近いですが。

“同じ機械で同じレーザーの出力パワー”でやっても前回よりも痛みが強かったという体験談もあります。その日の体調や肌の乾燥具合によっても、感度は変化します。

そのためにも脱毛部位の保湿ケアはとても重要。保湿の仕方は施術後にスタッフさんから丁寧に案内がありますが、面倒なケアは必要ありません。市販の保湿クリームを使えばOKです。

まとめ

男性も女性も永久脱毛は毛が濃いところに痛みは強く出やすいです。それ以外にもあらゆる条件を網羅してみましたので最後にまとめておきます。

  • 髭やVIOは特に痛い(太い毛が多い部位)
  • 看護師さんの対応や技量で大きく変化する
  • そもそも痛みにかなり強い人が稀にいる
  • 乾燥を避けて保湿ケアされていれば抑えられる
  • レーザーとの相性もある

体験談を見ていると、しっかり会話しながら進めてくれるだけでも痛みも緊張感も和らぎます。わたしは大手美容クリニックで勤務をしていましたが、脱毛に限らず施術後の経過については、施術した人の技術力が一番大きいです。

※同じ機械を使用していてもレーザーの当て方などで経過は異なります。最新の機械をアピールしてきますが、本質はそこではありません。「誰が対応してくれるか」です。

レーザーの打ち漏れにも注意し丁寧に対応してくれるクリニックを選ぶのが一番ですね。