メンズ永久脱毛 リスク
 
メンズの永久脱毛にはリスクがあります。
 
事前のカウンセリングで医師から説明があるのですが最低限のリスクをここでおさえておいて下さい。
 
代表的なものだと、施術直後の赤みやヒリヒリ感、むくみ、毛嚢炎、増毛、硬毛化、打ち漏れ、やけど
 
※部位によってどのリスクが起きるのか種類も頻度も変わってきます。
 
そんなに重篤な状態になることはありませんが、それなりに覚悟はしておいた方がいいかもしれません。

赤みやヒリヒリ感、火傷

火傷(やけど)はかなりひどい状況ですが赤みやヒリヒリした感覚は結構出やすいと思います。
 
ヒゲ脱毛のとき、毎回のようにヒリヒリ するのが、レーザーが効いている証拠だってポジティブに考えていました。
2日もすれば収まりますし。特に出やすいのはヒゲ、Vライン、ワキです。
 
レーザーの照射パワーを低く設定してしまえば火傷になるリスクはかなり抑えられます。
 
でも、その分効果も半減されてしまうので…火傷するかしないか絶妙なラインでレーザーを調整するのがベストだったりします。
 
少なくとも施術後に残るヒリヒリ感は仕方がないと思った方がいいです。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎(もうのうえん)とは、ニキビのように膨れてしまう状態を意味します。

完治するまでにはかなり時間がかかるので、なるべくなら避けて通りたいリスクです…毛嚢炎の発生を抑えるためには、脱毛する部位の毛をしっかり剃っていくことが大事です。
 
ヒゲやワキなどの毛が濃い部分には毛嚢炎が発生しやすい傾向があります。毛抜きで処理すると、ばい菌が入り易くなるので発生しやすので注意です。
 
レーザーの照射パワーを上げることで毛嚢炎が発生する確率も上がりやすくなります。
 
かといって照射パワーを落とすと効果は半減するので難しい判断で、クリニック側に任せるしかありません。

硬毛化や増毛

脱毛するためにレーザーを当てるのに、逆に毛が硬くなってしまったり、増えたりする現象が起きることがあります。
 
え、脱毛とは真逆の効果が起きてしまうの?
 
これは稀なケースだと言われています。
 
はっきりした原因は不明ですが、そもそもレーザーで毛包(バルジ)や毛乳頭を破壊するものが逆に細胞を活性化させてしまうことで起きる症状とされています。
 
これは、毛が産毛レベルで細く薄いところで起きやすく、うなじや背中などの部位が当てはまります。
 
メンズリゼでは、1年間の無料再照射ができると書かれています。硬毛化や増毛に対する保証なんて見たことがないのでなかなか珍しいです。
 
基本的に稀なケースですが保証はあるに越したことは無いですね。 

レーザーの打ち漏れ

打ち漏れの判断は難しいところですが、明らかにレーザーを当てられていない部位があったときはすべて無料で処置してくれます。
 
あれれ、これって打ち漏れじゃないの?
 
と思うことがあってもクリニック側の判断になるのがポイントです。クリニック側が認めないと施術対象になりませんからね。
 
メンズリゼ、湘南美容外科いずれもレーザーの打ち漏れに対しては無料で対処する記載があります。
 
肌トラブルではないので身体への負担はありませんが、余分なレーザー照射が必要になったりすれば時間的なリスクと解釈できますね。
 
でも、これはクリニック側が細心の注意を払っているのであまり起きることはありません。

医療脱毛で万が一肌トラブルが起きたとしても

メンズ永久脱毛 トラブル
 
基本的に無料で診察、薬の処方も行ってくれます。
 
医療レーザー脱毛の場合は肌トラブルが起きたとしてもクリニックで対処してくれます。脱毛サロンだと、肌トラブルが起きても提携しているクリニック、あるいは行きやすい皮膚科を受診するしかありません。
 
皮膚科を受診するのは面倒なんですよね。部位によっては気まずい思いをするかもしれません^^;
 
医療機関だから安心感はありますが、もちろん完全ノーリスクということはありません。
 
毛嚢炎、肌の赤みや、ヒリヒリ感はレーザーの出力パワーを強くすると起きやすい症状です。
 
施術中に看護師さんと話しながらパワーを調整することも可能なので、しっかりコミュニケーションを取りながら進めていくのがいいですね^^
 
メンズの医療レーザー脱毛は効果が高い分、もちろんリスクや副作用も起きることがあります。事前のカウンセリングで確認しておきましょう。

永久脱毛は医療機関でしか実現不可能

メンズリゼ脱毛 ヒゲ
 
脱毛効果の高いレーザー脱毛を受けるには、やはり専門の医療機関であるメンズリゼ、ゴリラクリニック、湘南美容外科などで施術を受けるしかありません。
 
メンズエステサロンでは永久脱毛は実現できませんし、ましてやビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店で販売されている家庭用脱毛器の照射パワーではまるで比較になりません。